So-net無料ブログ作成
検索選択

新入社員の傾向 [人材育成・研修]

毎年春には新入社員研修が行われ、各研修機関から「新入社員アンケート」の
結果が発表されています。

2008年度の新入社員傾向として、例年に比べて、
「安定志向」
が顕著に見られていました。

「成長性」より「安定性」を求めているのは、ライブドアを代表する
新興企業の「急成長と破綻」を見ているからかもしれません。


一方では、「退職」について抵抗感を持っていないことも判明しました。
新入社員の過半数を超える人が、”○○の理由があれば、退職も当然”、
”スキルアップの機会があれば、前向きに転職する”と言っています。


つまり、
「安定した会社に入社したいが、終身雇用には拘っていない」
これが、新入社員の就社意識のようです。



一方、新入社員を迎える企業側には、
社会人としてのマナー、いや常識がない”
”何でもメールで済まそうとし、対面のコミュニケーションができない”
”叱るとすぐに落ち込んでしまい、手がかかって仕方がない”
のような不満があるようです。


ある新入社員アンケートに非常に興味ある傾向が示されていました。
新入社員のマナー意識です。


顕著な例として挙げられていたマナー意識として、以下のようなものがありました。

電車の床にジベタに座ることはNG”・・・・・マナー違反
しかし、
”電車の中での飲食はOK”・・・・・マナー違反ではない、問題ない


私共、大人から見ると
”電車のジベタに座るのはマナー違反”と新入社員が考えていることに
安心をしますが、飲食はOKと言われても・・・・という感じです。


・新入社員の転職意識
・新入社員のマナー意識
について、しっかりと認識しておかないと、人材育成計画に失敗する
かもしれません。


”折角育てても、すぐに退職してしまう”

採用に莫大な費用をかけ、育成に莫大な費用をかけながら、
結果的に、退職されてしまうのは
企業にとって最悪の事態です。


新入社員の価値観を知る必要があります。
しかし、新入社員の価値観を知る機会はあまりありません。
企業はハレモノに触るように、新入社員に接しています。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。