So-net無料ブログ作成
-| 2008年08月 |2008年09月 ブログトップ
前の10件 | -

就職活動の身だしなみ [就職活動]

就職活動をする際の身だしなみについて紹介したいと思います。やはり就職活動の身だしなみといえば清潔感が一番ではないでしょうか。清潔感のあるような身だしなみを心がけて就職活動をしましょう。初対面の面接官に少しでもいい印象を与えるダメにも、身だしなみは大切です。まず男性の就職活動の身だしなみですがネクタイはスーツに会っているようなもので、あまり個性的で派手なものは避けましょう。結び目もしっかりと締めてネクタイはまっすぐです。Yシャツは、首の回りのサイズもしっかりしていて、普通の白い色がいいでしょう。ボタンはきちんとすべて留めましょう。就職活動のスーツですが、若い漢字をアピールするためにも、シングルのスーツを選びます。体にきちんと合ったサイズのスーツを選んで、ヨレヨレとした印象を与えないようにしっかりとプレスしてズボンにもアイロンがけをしましょう。靴下ですが、紺色か黒い色の靴下がいいでしょう。就職活動の靴下で白い色というのは厳禁です。靴の色は、革で黒がいいでしょう。きちんと磨くことも忘れずに。就職活動中の男性の髪型ですが極端な茶髪や長髪は避けましょう。ひげもきちんと剃っておきましょう。
そして次に紹介するのは就職活動中の女性の身だしなみです。女性もスーツは清潔感があってシンプルなものでブラウスは白、トレンドや個性もある程度取り入れるくらいならいいですが派手目のものは避けましょう。爪やアクセサリーにも気を配り、指輪やネイルはしない方がいいでしょう。ストッキングはナチュラルな色で、靴の高さはヒールは低めで黒、茶の色の靴がいいですね。スーツのスカートですが就職活動中なら、スカート丈は、ひざが隠れるくらいの長さがベストです。そして化粧についてですがナチュラルに見える程度で化粧はしましょう。全くのすっぴんでもかまいませんがやはりビジネスマンとして少しは化粧をするのがマナーです。派手なメイクは避けましょう。そして髪型ですが、清潔感のある髪型がいいですね。パーマやカラーもある程度ならいいですがあまりにも個性的で就職活動に似合わないような髪型は避けましょう。髪の毛が長い人の場合にはひとつにまとめておくと清潔感もでて好印象ではないでしょうか。このように、就職活動をするときには、身だしなみには十分注意しなければいけません。ヒトの第一印象というのは9割が見た目で判断されるといわれていますから、身だしなみには注意しましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

photoshop講座 [通信・通学講座]

photoshop講座について紹介したいと思います。photoshop講座というのは何かといえばパソコンの画像処理ソフトであるAdobeが発売しているソフトにphotoshopと呼ばれるソフトがありますがこの使い方などを教えてくれる講座がphotoshop講座です。photoshop講座では基本的な使い方から応用編までいろいろと教えてくれると思いますが一言でphotoshop講座といっても、いろいろあります。たとえばパソコン教室でもphotoshop講座コースはありますし、自分で勉強するタイプの通信講座のphotoshop講座もあります。また個人が運営しているサイトにもphotoshop講座のサイトはあります。
値段的な面から考えると一番お金がかからないのが個人が運営しているサイトのphotoshop講座を見ながら勉強するという方法ですがその次に手軽なのはやはりパソコン教室でphotoshop講座を受けることではないでしょうか。パソコン教室でphotoshop講座を受ける場合にはわからないことがあった場合でもすぐにインストラクターの人に質問したり教えてもらうことができますから一番身につきやすい気がしますね。しかし自分で勉強するタイプの通信講座のphotoshop講座の場合にはなか自分のペースで勉強を進めていくわけですから難しいことも多いのではないでしょうか。
photoshop講座の具体的な内容ですが、どのようなことを学ぶことができるのかというと、たとえばphotoshop講座の基礎ではphotoshopの画面の見方から教えてもらうことができます。画面の見方、作業エリアについて、そしてツールボックスの見方についても初心者はあまり良くわからないと思います。そしてパレットの操作方法やドキュメントウィンドウの操作方法についてもいろいろと学ぶことができると思います。photoshop講座ではそのほかにも文字ツールの使い方や文字マスクツールの使い方なども知ることができますし、選択範囲や画像処理の応用なども基礎から教えてもらうことができます。
photoshop講座を受けようと思っている人の中には、趣味で画像処理をして楽しみたいという人もいればphotoshop講座を受講して本格的にデザインの仕事などに生かしていきたいと思っている人もいるのではないでしょうか。なかなかphotoshopを使いこなすことは難しいですし使い方がわかったとしてもたとえば画像を切り抜く場合でも、自然に切り抜くためにはいろいろとテクニックも必要です。ですからそれらのノウハウやテクニックを学ぶためにもphotoshop講座を受講することで身につくことができるのではないでしょうか。趣味程度にフォトショップを楽しみたいという人はインターネットのphotoshop講座のサイトで十分だと思いますが仕事に活用したい人はきちんと教室で受けた方がいいですね。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

はじめての転職活動 [転職活動]

「仕事はさほど楽しくはないけれど、給与が上がる」「給与は下がるけど、仕事は楽しい」……さて、あなたが転職するとしたら、どちらを選ぼうと思いますか?
近年は、給与・待遇面以外の要素を重視し、転職する人が増加しています。
以前は、企業規模などで安定性や将来性を判断することができ、長く勤めていけば収入も右肩上がりで増加していきました。
しかし、現在は大手企業に勤めているからといって安心することはできません。
また、同じ会社に在籍し続けても、成果主義の評価制度に変わってきたため、収入格差が生まれてしまう時代です。
そんな環境の中で、人が企業を選ぶ基準が多様になってきているようです。
自分自身にとっては、仕事で収入面以外で得られる「幸せ」や「満足」とは何か。
それぞれの指標をもとに探ることにしましょう。
自分は仕事で「どんなことで満足を感じることが出来るのか」を探ります。
「勝ち組」や「負け組」なんて言われていますが、高収入やステイタスを得ている人が必ずしも「勝ち」なわけではないはずです。
人生を楽しく過ごせている人こそ、本当の意味で「勝ち組」であるといえるのではないでしょうか。
転職を考えるのは、会社に何らかの「不満」がある場合がほとんどです。
だからといって、「今の状況からとにかく逃げたい」からといって次の転職先を探してみても、自分が満足する転職につながりにくいようです。
これまで自分が経験してきた仕事で「どんな所が楽しいと感じたか」を思い出し、自分の目の前の仕事を「どう変えれば自分は幸せになれるのか」を考えてみてはどうでしょうか。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職セミナー [就職活動]

就職活動を行っているうえでよく耳にするのが会社セミナーや合同説明会ではないでしょうか。学生たちにとっては、この就職活動のセミナーや説明会は企業との大切な接点にもなりますからチャンスですよね。就職活動を始める時から業界を絞り込んで動くのではなくて、セミナーや説明会に積極的に参加することでいろいろな業界などを知っていくことが大切だと思います。就職のセミナーにはいろいろな種類があります。就職セミナー、強盗企業説明会といったものは、就職支援企業によって行われています。大きな会場で行われることが多くて、それぞれの企業ごとにブースが用意されていて、それぞれの企業に直接話を聞きに行くことができるスタイルになっています。それから就職のための会社説明会というのもありますね。会社説明会の方は、それぞれの企業で行われることが多くて、企業の理念や今の企業の情報を得るためにはとても大切な機械です。志望企業が会社説明会を開いている場合には必ず参加した方がいいでしょう。場合によっては会社説明会に参加していなければエントリーできない場合もあります。それから就職活動の支援セミナーというのもありますね。学生団体や就職支援組織などが行っているセミナーなのですが、模擬面接を行ってくれていたり、就職活動で必要なビジネスマナーなどを教えらもらうことができますから一度は参加しておいた方がいいかもしれませんね。
就職の会社説明会を参加する際のポイントとしては、セミナーや説明会に参加する前に、ホームページや会社案内などをよく見て、企業の情報をあらかじめ知っておきましょう。事前に調べておくと、当日、何か質問したいことがあった場合でもスムーズに質問することができます。それからセミナーや説明会へ参加している場合には、ノートを取るようにしましょう。就職活動に有利なことや面接に有利なことを話していることもあります。面接の前に読み返すとためになる情報もあるのではないでしょうか。そして就職セミナーや説明会に参加する場合には、積極的に質問をするということも大切なことです。わからないことや質問したいことがあったら遠慮なく聞きましょう。積極的に質問している姿は好印象になることもあります。しかし何でも聞けばいいというわけではありません。パンフレットやホームページを見ればわかるような質問は避けた方がいいですね。このように、就職セミナーや会社説明会に行く際には心得的なポイントがたくさんありますから実行してみるといいですね。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職活動の自己PRと志望動機 [就職活動]

就職の際には、自己PRと志望動機をはっきりとさせておくということはとても大切なことではないでしょうか。就職活動をしているときには自己PRも志望動機もしっかりといえるように、答えられるようにしておきましょう。自己PRと志望動機のポイントですが大切なことは企業を知るということではないでしょうか。自分が就職したいと思っている企業の情報はホームページや会社案内、説明会などで必ず情報収集しておくようにしましょう。自己PRのまずポイントとしては就職の際には、相手をきちんと納得させるような出来事や根拠をつけ加えて話すようにするといいですね。たとえばあなたに強みがあったとして、どれくらいその強みが、会社に貢献できるのか、それを具体的なエピソードや出来事、根拠や理由と一緒に話すことが大切です。就職活動で自己PRをするときには今までやってきた成果だけをアピールするのではなくて、出来事やそれによって何を得たのか、その辺のところまで話すようにしましょう。評価をする場合には客観的に話をして、自分を採用すればこんなメリットがあるというようなことを意識させながら話すようにしましょう。自己PRは就職活動の面接の際などではだいたい1分で話ができるくらいの量にするのがいいでしょう。
就職先を志望した理由である志望動機ですが、採用する企業は、内定を出した人に内定辞退をされては大変ですから内定辞退にならないためにも、志望動機がしっかりしているのかということをチェックしています。もちろん第一志望で希望している人を優先的にチェックしているといってもいいでしょう。就職活動の志望動機では、いろいろな行会社企業があるのに、なぜ、この業界のこの会社をなぜ選んだのか、その点にポイントを置いて、この質問に答えられるように考えておけば、乗り越えられると思います。志望企業の特徴や強み、他の企業とはどのような点が違うのか、その点についてもきちんと答えられるようにあらかじめ情報収集しておくことが大切です。就職活動における自己PRと志望動機は一番のチェックポイントといっても過言ではありませんから、企業にとっても自分にとっても有利に答えられるようにイメージトレーニングをしておくことが大切ではないでしょうか。いかに自分という人材が企業にとって有利な存在であるか、企業にとってメリットの大きい人材であるか、それが自己PRのポイントになると思いますからこの点を頭に入れておきましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職と履歴書 [就職活動]

就職活動を行う際に大切なポイントの一つに履歴書がありますね。多くの会社がエントリーシートに履歴書の内容も一緒にしているところが多いといわれています。履歴書は自分を最初にアピールするための一つの手段ですから書く際には十分に注意しなければいけません。就職活動の履歴書を書くポイントを紹介したいと思います。まず一つ目ですが捺印しなければいけないときには、周肉を使って印鑑を押して、記入前に押しましょう。記入してからハンコを押すと失敗したときにまた一から書き直さなければいけないからです。そして黒い色の水性ボールペンを使いましょう。就職の際の履歴書の文字ですが丁寧に自分の一番の綺麗な字で、楷書を使って書きましょう。もしも文字を間違えて書いてしまったときには、修正液を使ったり、修正テープを使うのではなくて新しい紙に書くのがいいでしょう。修正液などを使うと失礼に当たりますから必ず書きなおしましょう。そして就職の履歴書に写真をはるときには、写真の裏には、名前と学校名を書いておくと、写真が万が一はがれてしまったときでも安心ですよね。そして履歴書には、現住所を書く場所があると思いますが、きちんと都道府県から書いて、番地なども正確に省略しないで書きましょう。
今紹介したのが、就職活動の履歴書の一般的なポイントです。他につけ加えて言えば、履歴書を就職先に提出する時には、コピーをとっておいた方がいいでしょう。それから就職活動中には提出する先に合わせて何枚も書くことになると思いますがおあんじないようにしないでその企業や就職先、提出先に合わせて内容を変えて書く方がいいでしょう。特に自己PRの欄などは、その会社によって職種なども違うでしょうから、その会社に採用してもらえるのに有利なことを書くのがいいと思います。就職先の提出する履歴書は、空欄を作らずに、書くことがない場合でもきちんと何か書くようにしましょう。短所や長所の面は採用担当者も気になる部分ですから特にしっかりと書くようにしましょう。短所は正直に短所を書くのではなくて、短所でもあり長所でもあるといった感じで書くのがいいかもしれませんね。就職活動で履歴書は一番に自分と企業との接点を持たせるとても大切なものですから丁寧に書くことを心がけて、かけたら何度も見直しをしてから確認した方がいいでしょう。誤字脱字はもちろん気をつけて、間違えたら必ず書き直しをしましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

資格取得講座 [通信・通学講座]

資格取得講座について紹介したいと思います。講座にはいろいろと種類がありますが中には資格取得講座と呼ばれる講座も用意されていますよね。資格取得講座というのは、そのまま講座を受講して修了すれば資格を認定してもらえるというストレートに資格を取ることができる講座もありますし、講座を受講して資格試験を受験する対策講座的な資格取得講座もあると思います。ストレートに講座だけを受ければ資格をもらえるというタイプの講座は人気がありますがあまりまだ種類が少ないのではないでしょうか。資格取得講座で資格試験に対応していて資格試験を受験するための講座の場合には、試験の内容に沿ったカリキュラムで進められますから独学で参考書を購入して最初から最後まで勉強するよりも、ポイントを絞って勉強することでより的を得た勉強の方法が身につくと思いますから資格取得もスムーズになるのではないでしょうか。
資格取得講座を選ぶときには、ほとんどが国家試験を受験するための資格取得講座だと思いますから内容を確認して毎年きちんと問題の出し方などを本番の試験に沿ってカリキュラムを改定しているのかどうか確認してからにするといいかもしれませんね。資格取得講座は、独学や通学で講座を受講こうして勉強するよりも、時間的にも自分の融通がききますし、何よりカリキュラムがありますから怠けてしまうことが少ないのではないでしょうか。また資格取得講座を受講する場合には先ほども紹介しましたが通信講座によっては試験で出るという問題に的をおいてポイント学習法を実施していますから独学で勉強するよりも短時間で勉強することができると思います。資格取得講座で人気のある講座としてはたとえば行政書士や司法書士、建築士や、宅建といった資格がインキがあります。資格取得講座を受講する人はキャリアアップや昇進のために受講して試験を受験する人も多いですしそれだけでなく転職を考えていて今の仕事とは全く別のジャンルの仕事に就くために資格を取得したいと考えている人もいるのでいろいろです。資格取得講座は趣味の講座などとは違って自分のキャリアや将来、ビジネスに関わる資格を取得したいと考えて受講している人が多いようですね。資格取得講座の中身や受講期間はそれぞれの資格によって違っていますが最短で3週間で勉強を終えて試験を受験して資格取得ができる資格もありますからいろいろと検討して資格取得を目指すといいでしょう。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

転職での失敗 [転職活動]

今、働いている会社を退社して新しい会社に就職する、あるいは新しい仕事を始めてみる----。
転職の理由としては、会社の経営方針や給与の額などの勤務条件からくる不満という人は少なくありませんが、それと割合が同じくらいで多いのが、「仕事にやりがいを持てない」や「自分の能力を十分に発揮できない」、「自分の適性や専門性を生かせない」など、仕事と自分の能力や適性や志向との相違間です。
どのような理由であっても、新しい会社で勤務し、新しい仕事に就くことにより、それまでの自分の不満足だった部分が解消されればいいのですが、現実では、再就職を果たしたが、転職先で前の会社同様な悩みを抱き、また同じ理由によって転職してしまう人は少なくありません。
このような失敗の理由の1つには、転職先の仕事や会社に関する情報収集や研究が不足していたためです。
会社の経営方針や給与体系などは、求人情報やインターネットのホームページ上の会社案内などから比較的簡単に情報を入手することができますし、分からない点は面接時に確認することもできます。
しかしなから、なまじ社会経験があるために、自分の持っている知識やイメージが先行してしまい、せっかくある情報を生かすことができないまま、転職先を選んでしてしまっているのではないでしょうか。
転職を失敗するもう1つの理由は、自分自身の分析で自分自身を見つめ直すことをしていないことが挙げられます。
仕事とは、自分にとって何なのか。
自分にはどのような能力がどのくらい備わっているのか。
自分はどのような働き方をしたいと思っているのか。
将来的に自分はどうありたいと思うのかなど、自分と仕事との関わりについて、はっきりと指針を持つことができれば、自分のある能力とかけ離れた仕事を目指してしまったり、志向が合わない仕事に就いてしまったりすることはないはずです。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職活動の流れ [就職活動]

就職活動の流れについて紹介したいと思います。就職活動から内定までのスケジュールを紹介します。まず就職活動では三つの大きな流れがあります。内定までに自分が起こさなければいけないこと、そして業界や企業研究、そして自己研究。この三つが就職活動の大きな流れとなります。まず自己研究からですが履歴書を作りましょう。履歴書は就職活動では一番大切なものですから必ず時間をかけてしっかりと書くようにします。エントリーシートも作成する必要がありますね。そして実際に会社や担当者への連絡をとっていくわけですから電話や手紙のマナーも就職活動をするうえで理解しておきましょう。そして業界企業研究としては、就職サイトがいまはたくさんありますからインターネットを使って、就職サイトに登録をするといいですね。そして就職活動の情報収集をしたり企業についての情報を調べましょう。そして企業の行う説明会や合同説明会などにも参加するというのもとても就職活動には役に立つのではないでしょうか。そして企業へ資料請求をします。電話やホームページから一般的には資料請求は行われていますね。そしてエントリーシートを出してエントリーします。その後、会社説明会に参加するのですが、その時に必要なものというのは、履歴書や成績証明書、卒業見込証明書などが必要です。健康診断書が必要な場合もあります。
会社説明会に参加して書類を出したら書類選考が行われます。そして書類選考に通過すれば就職活動の第一関門突破ですね。その後、就職筆記試験や適性検査が行われます。SPIや学科試験、一般常識や性格検査などが行われるのが一般的です。そして就職の面接が行われてそこで通過すれば、就職内定をもらうことができます。ここまでが就職活動の開始から内定をもらうまでの大まかな流れになりますが、途中はかなり省略されています。たとえば筆記試験は1度ではなくて2度ある企業もありますし、面接も、1次で終わるところは少ないでしょう。2次、3次といったように行われます。就職活動を行っていて複数の会社から内定をもらったという人の場合には、内定辞退の手続きをする必要もありますから、いくつもの会社からもらった人はその準備もしておかなくてはいけません。このような流れで就職活動を行っていくわけですが最近では活動期間が早まっていてだいたい4回生になる前から準備し始めて、夏すぎ、秋までには内定がもらえるところが多いようです。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の10件 | -
-|2008年08月 |2008年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。