So-net無料ブログ作成
検索選択

講座の選び方 [通信・通学講座]

講座を受講しようと思っている人は講座を選ぶわけですがたとえば通学講座、通信講座といった二種類の講座がありますから通学講座を受講するのか、通信講座を受講するのかまずは決めた方がいいかもしれませんね。その上で次に考えるのはどんな講座があるのかということですね。講座の分野から選ぶことができますが講座の分野といってもさまざまな講座の分野があります。たとえば医療福祉、介護、保育系の分野の講座がありますがこの中には医療事務や介護事務、調剤事務、歯科助手、ホームヘルp-、社会福祉士、介護福祉士、ケアマネージャー、保育師、ベビーシッター、チャイルドマインだー、看護師、手話通訳士、福祉用具専門相談員、介護予防運動指導員、サービス解除し、福祉コンサルタントといったいろいろな講座があります。ですからこれらの講座を受講したい人は医療福祉介護保育系を選ぶといいと思います。
そして講座の分野には美容系のジャンルがありますが、その中にはどのような講座があるのかというとネイルやカラーコーディネーター、メイクアップやヘアメイク、美容師やエステ、ボディーアートやビューティーアドバイザーといった美容系の資格を取るための講座になっています。
そして会計・経理系の講座もありますね。こちらは簿記やファイナンシャルプランナー、公認会計士、税理士といったジャンルの講座を受講することができますし、少し専門的な資格になると証券アナリストや国際会計検定、証券外務員といった資格のための講座もあります。
そして講座の分野の中には健康や癒しに関わる講座もあります。健康や癒しに関わる講座の場合には整体やカイロプラクティック、リフレクソロジーの講座、アロマセラピーの講座などもあります。またセラピストや心理学、カウンセラーなどもこの健康や癒しの講座のジャンルに入ります。講座の分野には語学などの講座の分野もあります。たとえば英会話やビジネス英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語などなどの外国語の講座がありますね。最近注目されている講座の中には、司法や労務に関わる講座もあります。行政書士や司法書士、社会保険労務士や通関士、弁理士といった資格がありますし、司法試験の講座もあります。女性に人気の講座といえばファッションデザイナーやブライダルコーディネーター、パタンナーや着付けなども講座も人気の講座になっています。このように講座を選ぶときにはいろいろと分野を選ぶといいかもしれませんね。

タグ:講座 選び方
nice!(0) 

資格の登録料 [資格]

資格の登録料について紹介したいと思います。資格の種類にもよりますし、すべての資格に必要だということはないのですが、資格を取得した後に、登録するためにお金が必要な資格も中にはあります。たとえば資格の登録料が必要なものにはどんな資格があるのかというと、消費生活アドバイザーの資格やワインエクスパートの資格、DIYアドバイザーの資格は試験の合格した後に登録料を支払わなければ資格を取得することができないことになっています。他にも気象予報士といった資格も資格登録料が必要な資格の一つです。資格を取得してそのまま何もしなくてもいい資格もあるのですが、登録をしなければ取得した証明が上がらないものもありますし、今回紹介しているように、登録をする際にお金がかかるものもあります。保育士なども資格登録制になっている資格の一つです。資格試験の合格しても登録がされていなければ資格を持っていると証明することができないことになっていますから注意しましょう。組閣の登録料の値段というのはそれぞれの資格の種類によって様々ですから自分が受験した資格について確認しておいた方がいいですね。資格を取得する際にはいろいろとお金がかかるものだということを意外と実感しますね。
タグ:資格 登録料
nice!(0) 

就職先を絞り込む [就職活動]

就職先を絞り込むことは就職活動をスムーズに行うためには大切なことだと思います。就職先と一言でいってもいろいろな業界があります。業界や業種によっては、雇用管理の仕方も違っているでしょうし、お金の面からも違っていると思います。いろいろな就職先がある中で、自分が希望するような業種や企業を探す時には、産業界全体を見て理解することが大切だといわれています。自分には、この業種は向いていない、興味がないと思っている人でも、実はきちんと理解してみると興味が出たり、向いていると思ったりするものです。経済を見たり、各業界のトピックスなども知っておくことで興味や自分に合っているかどうかの業界の研究ができると思います。就職活動をする際に業界研究をするならどうすればいいのか、そんなことは大学では教えてくれないかもしれませんね。そんなに難しく考える必要はありません。就職活動で業界を研究する方法はまずは、新聞を読みましょう。経済新聞ならなおいいですね。そして市販されている書籍を読んだり、会社案内、その会社のホームページなどを見て研究します。もしも働いている人の話を実際に聞くことができるのであれば、先輩の話を聞くというのもとてもいい勉強になると思います。
そして業界のセミナーや会社の説明会には積極的に参加するようにしましょう。就職活動中にはほとんどの人がセミナーや説明会には足を運んでいると思いますが、それは業界研究が理由だと考えてもいいですね。そして、友達や一緒に就職活動をしている人とも情報交換をするということは大切なことですから常に情報交換をするようにしておきましょう。就職活動で業界を選ぶ時のはなかなか難しいことです。自分がはじめからこれだと決めている業界があるならその業界にすればいいのですが具体的にまだピンと来ていない人にとっては業界を絞り込むというのは難しいですね。固定概念や自分の思いこみだけで業界を選ぶのではなくて、まっさらなところから企業についてみていくとスムーズに選べるのではないでしょうか。就職活動の際に一番困難なのが業種を絞り込むということです。自分のイメージにぴったり合うような職業が見つかるためにはいろいろとアクションを起こしたり、自分で研究をしなければいけません。ただ座って待っているだけでは就職先の業種を絞り込むことは難しいと思いますから頑張って色々と研究してみてはいかがでしょう。

nice!(0) 

ビジネスマナー講座 [通信・通学講座]

ビジネスマナー講座について紹介したいと思います。ビジネスマナー講座ってご存知でしょうか?ビジネスマナー講座というのは、社会人として仕事をするうえで知っておかなければいけないような常識やマナーを教えてくれる講座です。やはり社会人として一人前になりたいのであればビジネスマナーをわきまえておく必要があります。今ビジネスマナー講座を受けている人は多く、個人でビジネスマナー講座を受ける人もいれば、会社が社員全員にビジネスマナー講座を受けさせるというパターンもあるようです。ビジネスマナー講座を受けて常識あるビジネスマンになれるようになることが目的です。
たとえばビジネスマナー講座ではどのようなことを教えてもらえると思いますか?ビジネスマナー講座で教えてもらえることはまずは社会人としての基本ですね。ビジネスマナー講座の社会人の基本というのはどのようなことなのかというと、社会は仕事やビジネスの場ですが、一定の規律によって成り立っていますからその規律を乱さないように常識を身につける必要があります。身だしなみや言葉遣いもその一つではないでしょうか。ビジネスマナー講座の基本として社会人らしい服装や、敬語の使い方、お時儀の仕方などについても学ぶことができます。
他にもビジネスマナー講座としては電話についての講座もありますね。ビジネスマナー講座の電話では、電話の事前準備や電話に出るときのマナー、切るときのマナー、先方とのやり取りの方法についても学ぶことができます。
そしてビジネスマナー講座では接客についても学ぶことができます。接客はお客様が来たときのお出迎えや先導、そしてお茶の出し方などについてです。ビジネスマナー講座で早めに受けておいた方がいいのは名刺交換ですね。名刺交換はビジネスマンとしては避けては通れないところだと思います。名刺の受渡しの方法や名刺の扱い方などを講座で教えてもらえます。他にも、接待もビジネスマンの常識で知っておかなければいけないことの一つです。ビジネスマナー講座によっては接待についても教えてくれます。
ビジネスマナー講座はいろいろと行われている場所によって内容は違っています。社会人一年目の人が受けるビジネスマナー講座では基礎からきちんと教えてもらうことができますし、ビジネスマナーの応用の講座などもありますから自分が知りたいビジネスマナーについての講座を選んで受けることをお勧めします。

nice!(0) 

フットセラピスト [資格]

フットセラピストの資格について紹介したいと思いますが、フットセラピストというのはヨーロッパリフレクソロジーと東洋医学のツボを使った治療を一緒にしたような足裏健康法の一つでフットセラピーの専門家をフットセラピストと呼んでいます。フットセラピストになるためにはフットセラピストの資格が必要です。今フットセラピストになるために資格を取得する女性はとても多いといわれています。フットセラピストの資格というのは、日本フットセラピスト協会が認定しているフットセラピストの資格を取得するか、生涯学習開発財団が認フットセラピストの資格を取得することで認定してもらえます。日本フットセラピスト協会認定のフットセラピストの資格を取るための学校も開校されています。この指定講座を受講しなければ日本フットセラピストの資格試験には受験できないことになっているのですが、ほとんどの修了者が資格試験には1発合格をしているといわれています。フットセラピストの資格を取得すればリラクゼーションのお店で働くこともできますし、独立して開業することも十分に可能ですからフットセラピストの資格を取って独立したいと思っている女性も多いようです。
nice!(0) 

マンション管理士 [資格]

マンション管理士資格試験はマークシートの50門の試験なのですが、なんと合格率は9パーセントといいますからとても合格率の低い資格試験だと思っていいと思います。マンション管理士の資格を持っているだけで就職をするというのは難しくて、同じ不動産関係の宅地建物取引主任者の資格と合わせてとった場合には不動産関係の仕事に就く際にはとても有利になる資格です。マンション管理士の資格を持っていれば専門的な知識を使って、管理組合を運営したり、マンションの管理に関する様々な悩みやトラブルに対応できます。マンション管理士の資格を持っている人はマンション管理のプロといってもいいと思います。マンション管理士の資格試験を受験する際には、特に受験資格は必要ありませんから誰でも受験ができますが、マンション管理士として登録ができるのは成人してからとなっていますし、いろいろと細かい規定があります。マンション管理士の試験は毎年11月に行われていて受験料は9400円になっています。マンション管理士の資格試験に合格をして資格を取得していれば不動産関係の仕事に就く際には有利ですし、不動産関係の仕事をすでにしている人にとってもメリットが高いのではないでしょうか。
nice!(0) 

小学生講座 [通信・通学講座]

進研ゼミの小学講座について紹介したいと思います。進研ゼミの小学講座は今とても選ばれている小学生のために通信教育です。小学講座は学年ごとに内容が違っていて1年生の場合にはチャレンジ1ねんせいから始まって6年生のチャレンジ6年生までコースが分かれています。今小学講座は小学生の5人に一人に選ばれているといわれていますがその理由は何だと思いますか?小学講座がいま子供に選ばれている理由を紹介していきたいと思います。
小学講座がいま選ばれている理由は、教科書別の教材になっていることが一つ目の理由ではないでしょうか。学校で使っている教科書に対応した小学講座の教材を使って授業の予習復習をすることができます。そして小学講座が選ばれている理由としては担任制の赤ペン先生システムになっていることも選ばれている理由ではないでしょうか。赤ペン先生が担任制で決まっていることできちんとその子に合わせて成長や進度を見届けてくれますから安心ですよね。小学生講座では小学生のやる気を出させるような工夫もいろいろと考えられています。
たとえば小学生のやる気を出させるためには、教材にこだわっています。進研ゼミの小学講座をやりたいと思ったお子様が教材につられて申し込むというのもよくある話ですがこの興味を持ってもらうことが勉強を長続きさせるためには大切なことなんですね。そして小学生講座では、コースに合わせて教材を選んで行けることも選ばれている理由ですし、年に三回、全国レベルで子供の学力レベルを見ることができる実力診断テストも行われていますから安心です。通信教育でよくありがちな放っておくだけやりっぱなしの学習教材ではなくて小学生講座ではしっかりとサポートしてくれているのも選ばれている理由ですね。
進研ゼミの小学生講座はこのような点から考えてもいろいろと考えて子供のやる気を伸ばすような教材に作られていますからきっと飽きてしまってやらなくなるのではないかと思っている人でも安心して始めることができます。小学生講座には他にもオプション教材もいろいろと用意されていますから子供さんの学習の進度やレベルに合わせて組み合わせて利用することもできます。子供さんが楽しみながら毎日の勉強をする習慣をつけるというのが進研ゼミの小学生講座の目的です。たくさんの小学生が楽しみながら勉強をすることができるのがこの小学生講座の特徴で今5人に一人の小学生に選ばれています。

nice!(0) 

試験なしの資格 [資格]

試験なしの資格と書きましたが、試験が全くない資格ですが、そのためには、他の資格を持っていることが条件になっています。たとえば弁護士の資格化公認会計士の資格を取得している人は税理士の資格も試験なしで取得できます。そして中小企業診断士の一時試験に合格してから中小企業大学入学して診断士の養成課程を終えた場合には、二次試験と実務研修がなくても中小企業診断士の資格がもらえます。特許庁で審査業務を7年以上していれば弁理士の資格を試験なしで取れます。他にも、保健師の国家資格を持っていれば申請すれば養護教諭の免許の資格をもらうことができます。最高裁判所や検察庁で法務事務を10年以上やっていれば司法書士の資格がもらえますが、近年この制度で資格を取得した人はいないらしいので内部先行が難しいのかもしれませんね。警察官や教職員になって管理職を17年以上やっていると行政書士の資格がもらえるそうです。行政書士の資格はほかにも、弁護士や弁理士、公認会計士、税理士の資格を持っていれば試験なしで取得することができます。このように、資格の中にじゃ資格をすでに持っていることで資格を試験なしで取得できるというものも多数ありますから該当していないかどうか確認してみるといいですね。
タグ:資格 試験
nice!(0) 

就職に役立つ言葉づかい [就職活動]

就職をしたら必ず言葉づかいに困るという人も多いようです。今までの学生の時には先生にも敬語を使わなくても過ごせてきたかもしれませんが就職したらそうはいきません。敬語はとてもひつようですから仕事ができても言葉づかいがうまくできなければ一人前ではありません。就職したら社会人として恥ずかしくないような言葉づかいをする必要がありますね。まず、丁寧語についてですが丁寧語というのは、「お」「ご」といった言葉を言葉の最初につけます。「御家族」とか「お荷物」といった感じですね。そして言葉の最後にはです、ます、ございますを必ずつけるようにしましょう。そして普段は「あっち」と言っている言葉も「あちら」といったように丁寧に話しましょう。就職してから上司との会話は勿論のこと、取引先との会話も増えるでしょうから丁寧語や敬語はマスターしておかなければ大変なことになるのではないでしょうか。就職してはじめのうちはなれるまで大変だとは思いますが慣れれば自然に使えるようになると思いますから頑張って使えるように心がけたいですね。クッション言葉をいうのをご存知でしょうか?たとえばいいづらいことがあったときなどには「申し訳ありませんが」「お手数ですが」「恐縮ですが」といった言葉を間に入れて使うと相手にも不快感を与えずに話をすることができます。また何か頼みごとをする際でも「お時間をちょうだいして申し訳ございません」といったように話をつけるとスムーズに進むのではないでしょうか。
就職してからの言葉づかいは学生気分が抜けない人はなかなか苦労するといわれています。上司に敬語を使っていたかと思ったら、社外の人への対応の際には、自分の上司を下げて話さなければいけませんから大変ですよね。尊敬語、謙譲語、丁寧語という三つの言葉を必ずマスターして使い分けることが就職してからのビジネスの言葉づかいではポイントになると思います。普通に話している言葉とビジネスでの尊敬語、丁寧語、謙譲語というのは違っています。相手を敬う言葉が尊敬語ですし、自分をへりくだって相手を敬うのが謙譲語、そして、丁寧にきれいな言葉づかいをするのが丁寧語です。この三つは就職してからの言葉づかいの基本になりますから十分に頭に入れておいて使い分けるようにすることが大切です。なかなか難しいことではありますが慣れてくればきっと上手に意識しなくても使えるようになるのではないでしょうか。もちろん就職活動中も同じです。

nice!(0) 

国家資格 [資格]

国家資格というのはどんな資格だかご存知でしょうか?国家資格というのは、国の法律によっていろいろな分野で個人の能力や知識を判断する試験で、特定の仕事などにつく場合に証明される資格のことをいいます。法律で、一定の社会的な地位が国家資格によって保障されますから、国家資格を持っていることで社会から信頼されると思います。国家資格にはいろいろなものがあるのですが、有資格者しか携わることができない業務独占資格である弁護士や公認会計士、司法書士といった国家資格もありますし、資格を持っている人以外はその資格の名前を名乗ってはいけないといわれている、保育士や中小企業診断士の資格などもあります。また国家資格の中には、必ず資格を持っている人を事業所に設置しなければいけないことになっている設置義務資格の国家資格として宅地建物取引主任者といった資格もあります。このように国家資格と一言でいってもいろいろな資格の種類があって、国家資格を持っていれば特定のその職業に就くことができる資格です。国家資格がなければつくことができない仕事もありますから、国家資格を受験する人は多く、年齢制限がある国家資格からない国家資格までその種類もいろいろです。
タグ:国家資格
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。