So-net無料ブログ作成

就職と席次のマナー [就職活動]

就職してからというのはいろいろなビジネスマナーを身につけなければいけませんが就職してから身につけるビジネスマナーの一つに、席次があります。ビジネスマナーの席次というのは、部屋によっても違いますし、乗り物によっても変わってきます。目上の人が座る順番や場所があらかじめ決められているのがビジネスマナーです。就職したての人はなかなか覚えるのに時間がかかるかもしれませんが営業や接待などの仕事が入ってきたら知らなかったではすみませんから、就職する前からこのマナーは覚えておいた方がいいでしょう。ではまず、会議室やレストランでの席次ですが、基本としては入口の近くが下座になりますから就職したての人は入口付近に座ることになりますね。逆に入口から遠い席は上座ということになります。接待をするときには、接待される人側が上座になります。レストランのときには、トイレに近い席が一番身分が低い人の席ということになりますから就職したての人は、トイレや入口を確認して自分の席に着くようにしましょう。そして和室の場合には、床の間があります。床の間を背中にした席というのが一番目上の人が座る場所です。もしも和室で床の間がなかったら入口から一番遠い席に目上の人が座って就職したばかりの人は入り口の近くに座りましょう。
応接スペースなどが置いてある取引先に就職してからいくということもあると思います。その場合には、デスクを背中にした席が相手の会社の席で、長椅子は訪問者用ということが一般的です。営業などで応接スペースに座る際にも席次には注意しましょう。そして就職するとタクシーに上司や目上の人と乗る機会も多いかもしれません。運転席の真後ろは一番目上の人になります。そして助手席が一番下の人の席ということになります。タクシーに乗るときも必ず席次を考えて座りましょう。自分の車に目上の人を乗せる場合には、どこが上座になるのかというと、助手席です。そして新幹線や飛行機の場合には、通路から一番離れている席が上座になって就職したての人などは、通路沿いに座ることになりますから注意しましょう。就職前でも就職活動中にエレベーターで会社の人と乗り合わせた場合も、実は立ち位置は決まっていて、ボタン操作をする人は、下座にあたって、奥が上座ということになっていますから上司や目上の人が来た場合には奥を譲ってボタン操作は自分がするようにするのがビジネスマナーです。

タグ:就職 マナー
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職とインターンシップ [就職活動]

就職とインターンシップについて紹介したいと思います。インターンシップをしておくと就職に有利だという話を聞いたことがありますか?これを聞くとインターンシップに参加した方が就職しやすいと思う人も多いと思います。インターンシップに行く理由が就職に有利だからという人も多いかもしれませんね。しかしインターンシップというのは就職に有利だから参加するという目的で行われているものではありません。インターンシップの目的というのは、本当は社会に出る以前に、自分が興味をもてる仕事が何か見つけるために、職場へ実際に行って仕事をやってみることが目的です。経験をすれば自分がイメージしている就職先との違いがわかると思います。実際に就職してからイメージしているのと全然違っていたと思うよりも就職する前に気がついた方が本人にとっても就職先にとってもメリットがあると思いますい。就職してから思ったとおりだったと思うのは本人だけでなく企業にとってもいいことですよね。やはり就職したのにすぐに止められたのでは企業にとってはダメージになるからでウs。
イメージが違ったからといって就職してもすぐに辞めていく人がいなくなるようにと、採用面接のときに、就職先の企業はいろいろと質問などをするのですが、その時にインターンシップに参加して就職先の現場を実際の目で見て体験した人なら入社したいと思っていても後でイメージが違ったということにならないために企業としても安心して就職採用をすることができます。面接のときちんと自分の意思が伝えられるようにするためにも、インターンシップに参加してやりがいや大変さなどを先にしるということは大切なことです。ですからインターンシップが就職に有利であるという目的として参加するのではなくて、仕事を先に把握して就職してから困らないようにするということから、インターンシップに参加するということをわかっておいた方がいいと思います。自分が実際に就職してからここで働いているのだという気持ちで真剣にインターンシップに取り組むことでより就職に役立てて就職に失敗するということがなくなると思います。インターンシップに参加するための目的をしっかりともって就職を成功させるために頑張りたいですね。インターンシップに参加する目的をしっかりと持っていなければインターンシップにせっかく参加しても就職につながるものにはならずに意味のないものになってしまいます。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

着物コンサルタントの資格 [資格]

きものコンサルタントの資格というのをご存知でしょうか?きものコンサルタントの資格というのは文部科学省と経済産業省が許可を受けている社団法人全日本きものコンサルタント協会が認定している資格の一つです。着付けや着物の着付け教室の講師など、一生現役で働くことができる仕事に就くためにはきものコンサルタントの資格を持っていると有利だといわれています。着物コンサルタントの資格試験は年に一度実施されるのですが、着物の素材や種類、マナーなどの着物に関する基礎知識の試験と、着付けの技術や指導の技術などを審査するための実技試験の試験になっています。着物コンサルタントの資格試験を受験することができるのは着物教室を卒業している生徒に限られていて着物教室で220時間以上は着物に関する教育を受けた人や実務経験をしたことがある人と決められています。きものコンサルタントの資格を生かして、着付けをしたり、先生をしたり和装アドバイザーをしたり、美容院や結婚式場といった場所でも仕事をすることが可能ですし、七五三の時期や成人式の時期だけ仕事をすることもできる融通のきく資格ではないでしょうか。きものが好きな人、着物を仕事にしたい人にぴったりの資格です。
タグ:着物 資格
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

資格と独立開業 [資格]

資格と独立開業について紹介したいと思いますが、資格の中には資格取得後に自分で事務所を構えることも可能なものもあります。資格を取ったことで独立開業できるような資格というのは色々とありますが、このような独立開業ができる資格というのは何井戸が高いという資格が一般的です。たとえば弁護士の資格や税理士の資格、公認会計士や司法書士、社会保険労務士といった資格は、独立開業が可能な資格ですが、数多くある資格の中でもこれらの資格は難易度が高いことでも知られています。資格を取得して独立開業すればだれでも高収入を得ることができると思っている人もいるかもしれませんが、独立開業すれば必ずしも高収入になれるということはないようです。資格を取得して独立をすぐにするのではなくて、資格取得後はどこかの事務所などへ所属して勉強を積んでから独立開業するという人も多く、資格取得後にすぐに独立開業したからすぐに軌道に乗るということはないようです。資格を取得したらそれが独立開業に向けてのスタートラインだと考えた方がいいかもしれませんね。夢を持って資格を取得することは大切なことですから大きな目標として独立開業を目指して試験に合格するように頑張れるといいですね。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

就職活動の空き時間 [就職活動]

就職活動中の空き時間について紹介したいと思います。就職活動をしているときに、企業訪問や企業セミナーを1日に数個まわったりしているときには、時間がスムーズにつながればいいのですが場合によっては1-2時間ほど時間がいあいてしまってその時間をどうしようかと考える人も多いのではないでしょうか。就職活動中の空き時間を有効に使うことが出来ればいいのですがなかなか有効的に使えないのが現状です。しかも、空き時間にお金を使ってしまっていたのでは就職活動はこれからも長く続くのにお金の面でも負担になるのではないでしょうか。たとえば、何気なく時間をつぶすつもりで入った喫茶店で飲んだコーヒー代がかさんで出費が重なってしまった人も多いようです。ではどうすれば就職活動中の空き時間を有効にお金をあまりかけずに過ごすことができるのでしょうか。まず一つ目の方法としては、本屋さんで過ごすという方法がらります。最近はお店の中にイスが置いてあって休憩して本を探すことができるお店も増えていますから、時間があいてどこで時間をつぶそうかと考えているのであれば、本屋へ行ってみるのがいいかもしれませんね。本屋と同じく便利なのが図書館です。図書館のある場所というのは限られていますから就職活動を行っている場所に図書館が運良くあるとは限りませんが図書館があればもっと便利です。
そして就職活動中の空き時間で利用されている場所で今人気があるのはネットカフェですね。ネットカフェでは、1時間に換算すると数100円でインターネットを見たり休憩したりできます。ウェブメールを利用して就職活動をしていればどこでもメールを確認することができますから便利ですよね。そして喫茶店にはいるくらいならコーヒーチェーン店などで時間をつぶしましょう。喫茶店よりもコーヒーの値段も安いですし、比較的カジュアルな感じの店舗が多いですから長居を少々しても怒られないと思います。本を読んで時間をつぶしたり、資料を確認したりして時間をつぶすことができます。たとえばファーストフードなどでも安いコーヒーを一杯頼んでその場所で1-2時間ほど資料の整理や本を読んで時間をつぶすという方法はいいかもしれませんね。できれば就職活動中の時間つぶしにはお金をかけたくないのですがどうしてもお金がかかってしまうという場合には少しでも安いお店を選んで時間をつぶすことを考えると就職活動中の無駄な出費を抑えられます。

タグ:就職活動
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。