So-net無料ブログ作成
検索選択

ホームヘルパー2級の資格 [資格]

ホームヘルパー2級の資格について紹介したいと思います。ホームヘルバーの資格というのは1級から3級までありますが、その中でも実際に体の介護サービスをする場合には、ホームヘルパー2級上の資格を持っていなければいけません。ホームヘルパー2級の資格では、家事援助の基本的な知識技術、そして専門的な介護の知識と技術を身につけることができます。ホームヘルパー2級の資格を取得することは今社会のニーズにこたえていることにもなります。資格がなくてもホームヘルパーになることは十分に可能ですが、家族の介護をするにはいいかもしれませんが、実際に仕事として採用をしてもらうことを考えている場合には資格を取得した置く方がいいでしょう。

有資格者の採用しか行っていないところが多いのが現状です。ホームヘルパー2級の資格はどの介護職にも関連している資格で介護職の基本となっている資格ですから、これから福祉系、介護系の仕事をしようかと考えている人の場合には必ず取得した方がいいと言っても過言ではない資格です。ホームヘルパー2級の資格は年齢制限、学歴などの受験資格もありませんから、これからの高齢化社会に向けてぜひ取得しておきたい資格の一つではないでしょうか。



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

歯科助手講座 [通信・通学講座]

歯科助手講座について紹介したいと思います。歯科助手講座は歯科助手になるための講座です。歯科助手というのは歯医者さんで歯科医と患者さんの間に入って不安を取り除いたりコミュニケーションをとったりするとても身近な存在として歯科医院ではいなくてはならない存在です。歯科助手になるためには国家資格が必要というわけでもありませんから歯科助手講座を受講すれば歯科助手に必要な知識や技能を身につけることができます。歯科助手講座は大手の通信講座ユーキャンにも講座がありますし、他にも通学制の歯科助手講座を開講しているところもあります。通信制の講座で歯科助手講座を受講した場合には、すべて自宅で修了まで行うことができて便利です。資格試験である歯科医療事務管理士技能認定試験も、自宅で受験することができますからすべて自宅のみの講座になっていてとても便利ではないでしょうか。歯科助手の仕事というのは結婚、出産にかかわらず、これから先長い間女性にとっては働くことができる資格だと思いますから、手軽に自宅で歯科助手講座を受講して知識や技能を身につけて、修了認定試験を受け、歯科医療事務管理士技能認定試験を受験すれば歯科助手としてすぐにでも働くことができます。
歯科助手の仕事は女性にとってとても働きやすい職場になっています。結婚しても出産しても働き続けることができますし、短時間で働くこともできればフルタイムで働くこともできますから主婦や子育てをしている女性にとってはとても働きやすい仕事ではないでしょうか。また歯科医院というのは、全国どこにでもありますから就職先がなくて困るということ長いのではないでしょうか。歯科助手講座を受講する人の多くは、子育てをしている最中の主婦や子育てがひと段落ついた主婦が再就職のために歯科助手講座を受講しているというケースも多いですね。また歯科助手講座を受講して転職を考えている人もいます。歯科助手講座を受講する目的はいろいろとありますが女性にとって働きやすい環境でもありますし、比較的スムーズに取得できる資格なだけに歯科助手講座はとてもお勧めの講座です。通学で技能をきちんと身につけたい人は通学講座をおすすめしますが、時間に融通がききにくいという人の場合には、通信講座の歯科助手講座を受講することをお勧めします。どちらの場合もしっかりと技能も知識も身につくと思いますからそれほど差はないのではないでしょうか。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

資格取得のテクニック [資格]

資格取得テクニックについて紹介したいと思いますが、資格取得にはいろいろとテクニックがあると思います。ただ単に資格を取得しようと思って呆然と1から勉強をしていても資格取得にはつながらないこともありますから資格取得のテクニックを身につけられるといいのではないでしょうか。まずたとえば通勤時間があるという人の場合には電車の待ち時間や電車に乗っている時に5分で選択式の問題を2問解けるようにしておくと資格試験の際のスピードが身についていいと思います。そしてテキストを選ぶときには自分の使いやすいものを選ぶようにします。問題集を選ぶ際には解説が掲載されていてわかりやすいような資格の問題集を選ぶようにするといいですね。そして資格を勉強する際のテキストですがテキストはあまりしっかりと読み込む必要はないといわれています。どちらかといえば問題をどんどんといて実践力をつけることが資格を取得する際には大切なことですから問題集をスムーズにといていける力をつけるようにしましょう。本番の資格の際には心にゆとりや時間にゆとりを持つことが合格への第一歩になると思いますから、まずはさらっと問題を解いてすべての問題を解き終えてから見直しをするようにして資格試験に臨みましょう。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

30代の転職はよく考えて [転職活動]

30代の転職はよく考えてから行動する必要があります。中には、とにかく転職できれば良い、再就職先が見つかればどこでも良いと考えている人もいます。30代での転職もそのような考えであれば、それほど難しいことでは無いといえます。ですが現実的にかなり厳しい転職活動になるのが、30代で年収の増加と自分の望む職種を求めての転職ではないでしょうか。厳しい30代の転職市場にあっても、自分の求めた通りに転職を成功させている人がいるのも事実です。30代で転職を考えた場合、多くの求職者が、最後の転職にしたい、定年までの仕事を求めるようになると思います。自分の求める転職先を、30代で転職を考えたのなら、納得できるまで探すことが重要だといえるでしょう。40代、50代での転職は、30代での転職に失敗してしまった場合だんだんと難しいものになってしまうでしょう。転職を納得行くまでしっかりと考えてから決めたのであるのならば、たとえ辛いことがあっても負けることなく仕事ができるのではないでしょうか。きちんと考えた上で転職せずに仕事を続けるのも、30代での転職に躊躇するのであれば、選択の一つだといえるでしょう。もしかしたら転職の必要を感じなくなることもあるかもしれません。今の仕事に夢中で取り組むことで、今まで見えなかった部分が見えてくることもあるからです。現状の不満から短絡的に転職を希望するのではない、高い志を持って転職活動をするという決断が、30代の転職には必要だと言えます。
nice!(1) 
共通テーマ:求人・転職

就職試験の注意点 [就職活動]

就職試験の注意点について。第一に就職試験のための問題集を購入するときに気をつけることはどんなことなのでしょうか。毎年少しずつ変化しているのが、就職の筆記試験は出題傾向です。古い就職試験本を、先輩から譲り受けたりして使っている人もいますが、できるだけ新しい就職試験本を使うほうが良い結果を出せるでしょう。就職試験の対策本の中には、出版社によっては表紙カバーだけを今年の物に変えて、中身は古いままといったものあるようです。必ず発行日の新しい本を選んで買うようにしましょう。最も就職試験の中で重要とされるのは、もちろん面接試験ではないでしょうか。面接や性格適性検査では、理想の自分像を描いて受けてみるのもおすすめです。ありのままの自分も大切ですが、自分に厳しすぎる判断をしたり、あまり正直に答えるとマイナス評価につながりやすいからです。企業がエントリー時の絞込み対策としても性格適性検査は実施しているので、慣れておくことが重要です。パソコンの環境を整える事も、自宅で受験するWeb版の性格適性検査の場合には大切になってきます。設定方法の説明等が、テスト前にはあるので落ち着いて支度しておきましょう。就職試験を実際に企業に訪問して受ける場合には、筆記用具、計算用紙、電卓時計等を準備してしっかりと集中して頑張りましょう。受験者全てが同じ問題とは限らないのが、規模の大きい就職試験の会場で試験を受ける場合です。この場合は回りの動きに惑わされず、自分のペースを崩さずに試験に集中しましょう。
nice!(0) 

転職と退職 [転職活動]

転職をするということは前職を退職しなければいけないということになりますよね。転職の際に転職活動以外に大変なことというのは、退職の問題があると思います。今の会社を退職するにあたってはいろいろと苦労があると思います。退職届一枚ですぐに退職ということにはつながらないと思いますしそれでは社会人として今までお世話になった会社へ失礼に当たりますしマナー違反ではないでしょうか。きちんと前の会社でも円満退職をしてから転職をすることがポイントになります。転職先が決まって退職をする場合の退職届を出すことについてですが、自分の仕事のキリがいいところで、他に働いている人に迷惑がかからないようなタイミングや時期を見計らって退職希望をしましょう。大きなプロジェクトなどを抱えているときなどにやめることは許されませんからそれが落ち着くころを見計らって退職希望日を考えた方がいいでしょう。とにかくまだ働いているみんなのことを考えて退職しましょう。退職希望日が決まれば上司に転職の相談をします。退職届を突然出されるとかんじがわるいですからまずは直属の上司に相談をすることから始めましょう。そして仕事の引き継ぎや都合なども相談をして、最終的に退職する日を決めます。そして退職する日が決まってから退職届を提出します。最低でも転職する1か月前には退職届を出す必要があります。会社の就業規則によってはそれ以上それ以下の場合もありますから確認しておきましょう。
もしも退職の理由を聞かれた場合には、きちんと信頼関係のできている上司との間であれば転職することを正直に話してもいいと思いますが、信頼関係がしっかりと構築できていない関係の場合には、正直に転職のことは話さずに包んで話をする方がいいかもしれませんね。間違っても会社の悪口や不満、上司や同僚への不満などをいってやめることがないように注意しなければいけません。そんなことになれば円満退職できません。家庭の事情ややりたいことがあるからといった自分の事情で転職するということをいうのが一番円満に退職できるのではないでしょうか。そして転職先もすでに決まっているということを上司に話せ場きっと納得して退職を反対したりトラブルにはなりにくいのではないかと思いますね。円満退職を心がけてみんなが気持よく仕事ができるようにするために転職までに色々と段取りをしておく必要があるのではないでしょうか。なかなか転職の退職というのは難しいものです。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

フリーターと就職 [就職活動]

何年か前から、フリーターという言葉を耳にします。国内では、正規雇用でない仕事のつきかたをフリーターと呼んでいます。生活の手段として、パートの仕事やアルバイトをしている人たちを指します。仕事の種類と混同されがちですが、フリーターはどのような働き方をしているかを示す言葉です。フリーのアルバイターともいいます。年は15歳以上35未満、女性は未婚者であり、そして就職、在学していない者をフリーターと定義した上で、1991年に厚生労働省が実質調査を行っています。この定義は現在も参考にされています。現在、就業している者については勤め先における呼称が、正社員ではなくアルバイトやパートと呼ばれている雇用者である事です。現在、無就業の者については、家事も通学もしておらず、就職では無くアルバイトやパート、派遣といった就業形態での仕事を希望する者の事を指します。この言葉はアルバイト情報誌の編集長が発案した造語で、初出は1997年です。そしてその後、広辞苑に載るほどに成長しました。日本で作られた単語なので、英語にはフリーターという言葉はありません。フリーランスとアルバイターを組み合わせた和製英独語です。英語ではパーマネントパートタイマーという表現になるようです。1980年代後半のバブル経済の時期に、ミュージシャンや俳優になるという夢を持っている為に、正社員として就職せず、日々の生活費はアルバイトで稼ぐ若者がいました。フリーターという言葉は、元々は自己実現のためにあえて正規の職につかずに努力を続ける青年を応援する意図もこめて、これまでのプータローといった言葉と区別するために作られたものです。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

外資系企業の転職で必要な英語力 [転職活動]

自分の語学力でどのていど通じるのか、果たして外資系企業で仕事をすることが可能なのかが引っかかる人はいると思います。実際に外資系企業の求人にはTOEICが700点以上を条件にしている外資系企業も少なくありません。でも実際には英語力がそれほど必要ではない仕事もたくさんあるようです。仕事がきちんとできる人であるなら、語学力などより優先して評価されるという点は、外資系でも他の会社でも変わりません。外資系の会社に転職ほ希望する時、絶対に英語が話せなくてはならないということはないのです。英語に自信がない人の中は、書類関係がほとんど英語なのではないかと恐れているかもしれません。英語はないわけではありませんが、符号の一種と思えば処理できるくらいのものです。さほど難しくないということが、じきにわかるでしょう。では、実際外資系企業の社員の英語力というのはどの程度のものなのでしょうか。帰国子女や留学経験者は別としても英語ができるといっても、TOEICは800点程度なのです。英語力を鍛えることは、外資系への採用が決まってから取り組むこともできるのです。まだ若ければ、これから英語を学ぶ意志があればまだ語学力が不十分でも大丈夫です。語学の勉強は、実際に外資系会社で働きながら続けていっても間に合うでしょう。ですが、英語力が低いままでは、外資系企業での仕事では不利に働く面も出てくることもあるでしょう。海外出張をするにも外部との打ち合わせをするにも語学堪能であることは重要ですし、評価や昇進にも響きます。余裕のあるうちにコツコツと英語を勉強し、語学力の底上げをはかっていくことが、外資系企業への就職を目論んでいる人には必要なことといえます。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職の職種別採用 [就職活動]

就職の職種別採用について紹介したいと思います。日本の現在の企業は新卒の就職には、職種を限定して募集しているところはほとんどないと思います。就職の募集では、総合職や一般職といった要領で募集されることが多いのではないでしょうか。アルバイトや中途採用の場合には営業職、販売職といったように職種を特定していることはあると思うのですがなかなか新卒の就職の募集で特定の職業にしているところはないと思います。総合職というのは、会社の中のほとんどの仕事につくという可能性があって、転勤をしなくてはいけない場合もあります。一般職の場合には、総合職のサポート的な職務になります。転勤をしない仕事が多いようです。しかし就職先の企業の場合には総合職を一般職とも言っていることもありますし、一般職を事務職と読んでいるところもあるようです。ですがこれも職種別採用とは関係がありません。
就職の際の職種別採用というのはではどうゆうことなのかというと、たとえば営業職や販売職、企画職や法務職といったようにはじめから限定して就職採用を行っている形のことをいいます。これは専門的なスペシャリストに就職してもらいたいという企業の意向からこのようになっています。自分が何をやりたいのかがしっかりと決まっていて、大学で学んだ知識と結びついているような職業を希望しえいる人の場合には、就職の際に職種別採用を利用して応募した方がいいのです。その理由としては、就職してからイメージが違ったとか、配属が違っているということになってすぐにやめる人が少なくなるからです。専門的な人材を企業も欲しいと思っていますから新卒の時点から就職募集をする際に専門的な分野の知識を持ち合わせている人に限定した職種別採用を行っているところが増えているといわれています。最近では中途採用に近いような経験や専門的な知識、その仕事に向いているのかといいうことを就職採用の際のポイントにしているところがたくさんあります。専門的な分野への就職を希望している人は特に就職の職種別採用を利用して応募した方がいいかもしれませんね。そうすることで自分が希望している職業にスムーズに就くことができて就職してからの仕事のスタートも比較的スムーズになれるのではないでしょうか。専門知識を持っているプロは、今企業が欲しがる人材ですから専門的な技術や知識を持っているなら就職の職種別採用を利用して応募するといいでしょう。

タグ:就職 採用 職種
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。