So-net無料ブログ作成
検索選択
就職活動 ブログトップ
前の10件 | -

小論文の書き方 [就職活動]

「小論文を書く」というと、あなたは何を感じますか?「小論文書くのが大好き!」という人ももちろんいるでしょうが、大多数の人が苦手意識を持っているのではないでしょうか。
それは一体なぜなのでしょうか。確かに小論文は作文とは違い、好きなことを思いつくままに書く、ということではありません。
しかし、書き方はそんなに難しいものではないことも確かです。ちょっとしたコツさえ掴めれば、ね。
もしかしたら、あまり小論文のことをわからないままに苦手意識を持っているのかもしれませんね。

必要なのは「慣れる」ということです。「好きなように書けない」のであれば、その書き方をマスターすればよいのです。
もちろん数学のように、小論文の答えは一つではありません。だからこそ、色々に書くことができますし、あなたの色を出すことができるのです。
言い換えれば、あなたの考え方を企業に知ってもらうのにこれほど適した問題はない、ということですよね。
あなたという人間の素晴らしさ、その考えをアピールする絶好の機会なのです。

大学入試などで実施した大学も多いでしょうが、就職にも小論文は試験として出されることが多くなっています。
企業にとっては唯一その人の「人となり」が知れるものなのですから、当たり前かもしれませんが。

私は以前小論文の添削をしていたことがありますから、そのあたりのこととあわせて就職試験であわてない小論文の書き方をこれから述べていきたいと思います。

タグ:小論文
nice!(1) 
共通テーマ:求人・転職

就職試験の注意点 [就職活動]

就職試験の注意点について。第一に就職試験のための問題集を購入するときに気をつけることはどんなことなのでしょうか。毎年少しずつ変化しているのが、就職の筆記試験は出題傾向です。古い就職試験本を、先輩から譲り受けたりして使っている人もいますが、できるだけ新しい就職試験本を使うほうが良い結果を出せるでしょう。就職試験の対策本の中には、出版社によっては表紙カバーだけを今年の物に変えて、中身は古いままといったものあるようです。必ず発行日の新しい本を選んで買うようにしましょう。最も就職試験の中で重要とされるのは、もちろん面接試験ではないでしょうか。面接や性格適性検査では、理想の自分像を描いて受けてみるのもおすすめです。ありのままの自分も大切ですが、自分に厳しすぎる判断をしたり、あまり正直に答えるとマイナス評価につながりやすいからです。企業がエントリー時の絞込み対策としても性格適性検査は実施しているので、慣れておくことが重要です。パソコンの環境を整える事も、自宅で受験するWeb版の性格適性検査の場合には大切になってきます。設定方法の説明等が、テスト前にはあるので落ち着いて支度しておきましょう。就職試験を実際に企業に訪問して受ける場合には、筆記用具、計算用紙、電卓時計等を準備してしっかりと集中して頑張りましょう。受験者全てが同じ問題とは限らないのが、規模の大きい就職試験の会場で試験を受ける場合です。この場合は回りの動きに惑わされず、自分のペースを崩さずに試験に集中しましょう。
nice!(0) 

フリーターと就職 [就職活動]

何年か前から、フリーターという言葉を耳にします。国内では、正規雇用でない仕事のつきかたをフリーターと呼んでいます。生活の手段として、パートの仕事やアルバイトをしている人たちを指します。仕事の種類と混同されがちですが、フリーターはどのような働き方をしているかを示す言葉です。フリーのアルバイターともいいます。年は15歳以上35未満、女性は未婚者であり、そして就職、在学していない者をフリーターと定義した上で、1991年に厚生労働省が実質調査を行っています。この定義は現在も参考にされています。現在、就業している者については勤め先における呼称が、正社員ではなくアルバイトやパートと呼ばれている雇用者である事です。現在、無就業の者については、家事も通学もしておらず、就職では無くアルバイトやパート、派遣といった就業形態での仕事を希望する者の事を指します。この言葉はアルバイト情報誌の編集長が発案した造語で、初出は1997年です。そしてその後、広辞苑に載るほどに成長しました。日本で作られた単語なので、英語にはフリーターという言葉はありません。フリーランスとアルバイターを組み合わせた和製英独語です。英語ではパーマネントパートタイマーという表現になるようです。1980年代後半のバブル経済の時期に、ミュージシャンや俳優になるという夢を持っている為に、正社員として就職せず、日々の生活費はアルバイトで稼ぐ若者がいました。フリーターという言葉は、元々は自己実現のためにあえて正規の職につかずに努力を続ける青年を応援する意図もこめて、これまでのプータローといった言葉と区別するために作られたものです。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職の職種別採用 [就職活動]

就職の職種別採用について紹介したいと思います。日本の現在の企業は新卒の就職には、職種を限定して募集しているところはほとんどないと思います。就職の募集では、総合職や一般職といった要領で募集されることが多いのではないでしょうか。アルバイトや中途採用の場合には営業職、販売職といったように職種を特定していることはあると思うのですがなかなか新卒の就職の募集で特定の職業にしているところはないと思います。総合職というのは、会社の中のほとんどの仕事につくという可能性があって、転勤をしなくてはいけない場合もあります。一般職の場合には、総合職のサポート的な職務になります。転勤をしない仕事が多いようです。しかし就職先の企業の場合には総合職を一般職とも言っていることもありますし、一般職を事務職と読んでいるところもあるようです。ですがこれも職種別採用とは関係がありません。
就職の際の職種別採用というのはではどうゆうことなのかというと、たとえば営業職や販売職、企画職や法務職といったようにはじめから限定して就職採用を行っている形のことをいいます。これは専門的なスペシャリストに就職してもらいたいという企業の意向からこのようになっています。自分が何をやりたいのかがしっかりと決まっていて、大学で学んだ知識と結びついているような職業を希望しえいる人の場合には、就職の際に職種別採用を利用して応募した方がいいのです。その理由としては、就職してからイメージが違ったとか、配属が違っているということになってすぐにやめる人が少なくなるからです。専門的な人材を企業も欲しいと思っていますから新卒の時点から就職募集をする際に専門的な分野の知識を持ち合わせている人に限定した職種別採用を行っているところが増えているといわれています。最近では中途採用に近いような経験や専門的な知識、その仕事に向いているのかといいうことを就職採用の際のポイントにしているところがたくさんあります。専門的な分野への就職を希望している人は特に就職の職種別採用を利用して応募した方がいいかもしれませんね。そうすることで自分が希望している職業にスムーズに就くことができて就職してからの仕事のスタートも比較的スムーズになれるのではないでしょうか。専門知識を持っているプロは、今企業が欲しがる人材ですから専門的な技術や知識を持っているなら就職の職種別採用を利用して応募するといいでしょう。

タグ:就職 採用 職種
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職と席次のマナー [就職活動]

就職してからというのはいろいろなビジネスマナーを身につけなければいけませんが就職してから身につけるビジネスマナーの一つに、席次があります。ビジネスマナーの席次というのは、部屋によっても違いますし、乗り物によっても変わってきます。目上の人が座る順番や場所があらかじめ決められているのがビジネスマナーです。就職したての人はなかなか覚えるのに時間がかかるかもしれませんが営業や接待などの仕事が入ってきたら知らなかったではすみませんから、就職する前からこのマナーは覚えておいた方がいいでしょう。ではまず、会議室やレストランでの席次ですが、基本としては入口の近くが下座になりますから就職したての人は入口付近に座ることになりますね。逆に入口から遠い席は上座ということになります。接待をするときには、接待される人側が上座になります。レストランのときには、トイレに近い席が一番身分が低い人の席ということになりますから就職したての人は、トイレや入口を確認して自分の席に着くようにしましょう。そして和室の場合には、床の間があります。床の間を背中にした席というのが一番目上の人が座る場所です。もしも和室で床の間がなかったら入口から一番遠い席に目上の人が座って就職したばかりの人は入り口の近くに座りましょう。
応接スペースなどが置いてある取引先に就職してからいくということもあると思います。その場合には、デスクを背中にした席が相手の会社の席で、長椅子は訪問者用ということが一般的です。営業などで応接スペースに座る際にも席次には注意しましょう。そして就職するとタクシーに上司や目上の人と乗る機会も多いかもしれません。運転席の真後ろは一番目上の人になります。そして助手席が一番下の人の席ということになります。タクシーに乗るときも必ず席次を考えて座りましょう。自分の車に目上の人を乗せる場合には、どこが上座になるのかというと、助手席です。そして新幹線や飛行機の場合には、通路から一番離れている席が上座になって就職したての人などは、通路沿いに座ることになりますから注意しましょう。就職前でも就職活動中にエレベーターで会社の人と乗り合わせた場合も、実は立ち位置は決まっていて、ボタン操作をする人は、下座にあたって、奥が上座ということになっていますから上司や目上の人が来た場合には奥を譲ってボタン操作は自分がするようにするのがビジネスマナーです。

タグ:就職 マナー
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職とインターンシップ [就職活動]

就職インターンシップについて紹介したいと思います。インターンシップをしておくと就職に有利だという話を聞いたことがありますか?これを聞くとインターンシップに参加した方が就職しやすいと思う人も多いと思います。インターンシップに行く理由が就職に有利だからという人も多いかもしれませんね。しかしインターンシップというのは就職に有利だから参加するという目的で行われているものではありません。インターンシップの目的というのは、本当は社会に出る以前に、自分が興味をもてる仕事が何か見つけるために、職場へ実際に行って仕事をやってみることが目的です。経験をすれば自分がイメージしている就職先との違いがわかると思います。実際に就職してからイメージしているのと全然違っていたと思うよりも就職する前に気がついた方が本人にとっても就職先にとってもメリットがあると思いますい。就職してから思ったとおりだったと思うのは本人だけでなく企業にとってもいいことですよね。やはり就職したのにすぐに止められたのでは企業にとってはダメージになるからでウs。
イメージが違ったからといって就職してもすぐに辞めていく人がいなくなるようにと、採用面接のときに、就職先の企業はいろいろと質問などをするのですが、その時にインターンシップに参加して就職先の現場を実際の目で見て体験した人なら入社したいと思っていても後でイメージが違ったということにならないために企業としても安心して就職採用をすることができます。面接のときちんと自分の意思が伝えられるようにするためにも、インターンシップに参加してやりがいや大変さなどを先にしるということは大切なことです。ですからインターンシップが就職に有利であるという目的として参加するのではなくて、仕事を先に把握して就職してから困らないようにするということから、インターンシップに参加するということをわかっておいた方がいいと思います。自分が実際に就職してからここで働いているのだという気持ちで真剣にインターンシップに取り組むことでより就職に役立てて就職に失敗するということがなくなると思います。インターンシップに参加するための目的をしっかりともって就職を成功させるために頑張りたいですね。インターンシップに参加する目的をしっかりと持っていなければインターンシップにせっかく参加しても就職につながるものにはならずに意味のないものになってしまいます。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職活動の空き時間 [就職活動]

就職活動中の空き時間について紹介したいと思います。就職活動をしているときに、企業訪問や企業セミナーを1日に数個まわったりしているときには、時間がスムーズにつながればいいのですが場合によっては1-2時間ほど時間がいあいてしまってその時間をどうしようかと考える人も多いのではないでしょうか。就職活動中の空き時間を有効に使うことが出来ればいいのですがなかなか有効的に使えないのが現状です。しかも、空き時間にお金を使ってしまっていたのでは就職活動はこれからも長く続くのにお金の面でも負担になるのではないでしょうか。たとえば、何気なく時間をつぶすつもりで入った喫茶店で飲んだコーヒー代がかさんで出費が重なってしまった人も多いようです。ではどうすれば就職活動中の空き時間を有効にお金をあまりかけずに過ごすことができるのでしょうか。まず一つ目の方法としては、本屋さんで過ごすという方法がらります。最近はお店の中にイスが置いてあって休憩して本を探すことができるお店も増えていますから、時間があいてどこで時間をつぶそうかと考えているのであれば、本屋へ行ってみるのがいいかもしれませんね。本屋と同じく便利なのが図書館です。図書館のある場所というのは限られていますから就職活動を行っている場所に図書館が運良くあるとは限りませんが図書館があればもっと便利です。
そして就職活動中の空き時間で利用されている場所で今人気があるのはネットカフェですね。ネットカフェでは、1時間に換算すると数100円でインターネットを見たり休憩したりできます。ウェブメールを利用して就職活動をしていればどこでもメールを確認することができますから便利ですよね。そして喫茶店にはいるくらいならコーヒーチェーン店などで時間をつぶしましょう。喫茶店よりもコーヒーの値段も安いですし、比較的カジュアルな感じの店舗が多いですから長居を少々しても怒られないと思います。本を読んで時間をつぶしたり、資料を確認したりして時間をつぶすことができます。たとえばファーストフードなどでも安いコーヒーを一杯頼んでその場所で1-2時間ほど資料の整理や本を読んで時間をつぶすという方法はいいかもしれませんね。できれば就職活動中の時間つぶしにはお金をかけたくないのですがどうしてもお金がかかってしまうという場合には少しでも安いお店を選んで時間をつぶすことを考えると就職活動中の無駄な出費を抑えられます。

タグ:就職活動
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職活動サイト [就職活動]

就職活動サイトについて紹介したいと思います。これから就職活動をする人は、就職活動サイトに登録するというのがいいかもしれません。最近ではインターネット上にたくさんの就職活動をサポートしてくれるためのサイトがあります。ほとんどのサイトでは会員登録をすることによってサイトの情報を見ることができたりします。今一番就職活動サイトの中で登録件数が多いのは、リクナビです。学生の登録件数も多いですが登録している企業の件数も多いのが特徴です。リクナビは、国内最大の就職情報サイトとして人気があります。就職情報の量も多いですが掲載されている企業の数も他の就職情報サイトに比べると比べ物にならないくらい多いのが特徴です。先ほどのいいましたがほとんどの就職活動をしている学生は登録していると思いますから必ず登録した方がいいかもしれませんね。それからリクナビと一緒に就職情報サイトの2位とも言われているのが舞ナビです。こちらも毎日就職ナビにしか掲載されていない大手の企業の就職情報も満載ですからお煤円ですし、筆記試験や模擬テスト、適職診断テストができるのもうれしいですね。そして日経ナビも就職情報サイトとしては有名です。日本経済新聞と連動しているサイトなので就職の情報以外にもいろいろな情報を得ることができるのではないでしょうか。いろいろな診断メニューもありますから自己診断自己分析がしたい人にはちょうどいいのではないでしょうか。
そしてエンジャパンという就職情報サイトもあります。こちらは転職サイトというイメージを持っている人も多いと思いますが新卒の就職情報サイトもあります。独自取材を行っていて情報の内容が濃いところが特徴のサイトになっています。就職情報サイトでは企業の掲載も大切ですが学生にとっては就職のイベントなどの情報も欲しいのではないでしょうか。そんなときには、ジョブジャパンが便利です。イベント情報も掲載されていますし、優良企業が見つかることもあると思います。掲載企業は一番のリクナビに比べると本当に少なくて比べ物になりませんが、イベント系を知りたいと思っている就職活動中の人にとってはとても便利なサイトかもしれませんからこちらにも登録をしておいて損はないのではないでしょうか。このようにたくさん就職情報サイトはありますから使い分けて登録することで就職活動に役立つ情報をたくさん手に入れるといいかもしれませんね。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

アナウンサーに就職 [就職活動]

アナウンサー就職したいと思っている人も多いのではないでしょうか。芸能界の中でもひときわ華やかなイメージがあるアナウンサーの就職の倍率は何千倍とも言われていますからかなり就職活動は厳しいといわれています。ではアナウンサーの就職活動について紹介していきましょう。まずアナウンサーになりたいと思っている人はマスコミ系の仕事に就きたいと思っている人が多いようです。アナウンサーとして就職先を選んだ人はやりがいのある仕事だから選んだという人が多いですね。就職活動中には、アナウンサーへ就職するための講座を受講したり、フリートークの練習や自己PRの練習、模擬面接などに力を入れて練習する必要があります。面接などでは、テーマを急に与えられてそれについて解説や実況をするということもあるようです。また就職テストには、世界遺産のビデオを見ながら解説するというテストを行っているところもあるようですからアナウンサーとして就職するためにはある程度の応用力やアドリブ力が必要になるということがわかるのではないでしょうか。アナウンサーに就職したい場合の第一関門は書類選考でしょう。しかも書類の中身というよりも写真がポイントになっています。有名な写真館などできちんと写真を撮ってもらうといいかもしれません。また自分の写りのいい顔やスーツで自分に合っているものをあらかじめ把握するということも大切なことではないでしょうか。
アナウンサーとして就職する際の試験は筆記試験と面接になりますが面接は先ほど言っていたようにアドリブ力がかなり必要です。また、英語ももちろん話せた方がいいかもしれませんね。アナウンサーの就職選考ではカメラテストもあるようです。緊張せずにアナウンサーとしてこれから活躍できるのかということもチェックされているようです。アナウンサーとして就職するのに向いている人は、どんな人なのかというと、何かに頑張ってきた人や初対面でも初めての場所でも自分のペースを持っている人、個性的で華がある人が向いて言うようですね。そして美人がアナウンサーの就職の上限だと思っている人もいるかもしれませんが顔はあまりなくてやはりオーラ、華といった部分を重視されるようです。アナウンサーに就職したいと思っている人は就職活動の一環としてアナウンス講座などを受講して勉強をした方がいいかもしれませんね。アナウンサーの倍率はかなり高いのでストレートで何もせずに合格というのはまずあり得ないようです。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職活動グッズ [就職活動]

就職活動に欠かせないグッズといえば何でしょうか。就職活動といえばやはりまず用意するのはリクルートスーツと鞄でしょうか。鞄から紹介したいと思いますが就職活動をする際のカバンはどんなものがいいでしょうか。機能が色々とついているのはとても便利ですが就職活動にそれほどの機能は必要ないと思います。男性の場合にはリュックタイプのカバンを就職活動のカバンとして利用している人も多いようですが、やはりリュックタイプよりは手提げタイプのかばんの方がいいようですね。就職活動のカバンですが、男性の場合には大学で普段使っている鞄をそのまま使っている人が多いようです。女性は、わざわざ就職活動用に鞄を購入している人もいるようですね。鞄をこれから就職活動に向けて購入しようと思っているのでしたら出来れば、入社案内をもらったときにも折らずにはいるようなパンフレットがそのまま入る大きさのカバンがいいのではないでしょうか。鞄のファスナーがついていれば、他の入社説明会の帰りにもう一軒よったときでも、他の会社の入社案内パンフレットが見えることもありませんからいいかもしれませんね。鞄は、床に置くこともあると思いますから出来れば生地はしっかりとしている感じの生地のカバンを選ぶ方がいいと思います。女性のカバンは手でもつのとから掛けるのと迷うと思いますが、出来れば手で持った方がいいですね。肩から掛けるとスーツシワができることもありますから注意しましょう。
では就職活動といえばリクルートスーツですが、就職活動でリクルートスーツを選ぶ場合には、男性は紺色がグレーがベストですね。女性の場合も紺色、グレー、黒がいいのではないでしょうか。スーツを選ぶ時のポイントとしては、長時間座ったりしていることが多い就職活動中でもしわになりにくいような素材のスーツを選んでおくといいかもしれませんね。また、毎日就職活動をすることもこれから出てくると思いますからそのことを考えて2着以上は持っておいて洗い替えに用意しておくといいかもしれませんね。リクルートスーツの中のシャツですが白が基本のようです。カラーシャツを着て行った時の面接でなぜその色を選んだのかと質問を受けた人もいるようですから出来るだけ白を着て行った方がいいかもしれません。白いシャツは清潔感がありますから印象としてもカラーシャツに比べるといいと思いますのでシャツは白がベストではないでしょうか。

タグ:就職活動
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の10件 | - 就職活動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。