So-net無料ブログ作成
検索選択
転職活動 ブログトップ

30代の転職はよく考えて [転職活動]

30代の転職はよく考えてから行動する必要があります。中には、とにかく転職できれば良い、再就職先が見つかればどこでも良いと考えている人もいます。30代での転職もそのような考えであれば、それほど難しいことでは無いといえます。ですが現実的にかなり厳しい転職活動になるのが、30代で年収の増加と自分の望む職種を求めての転職ではないでしょうか。厳しい30代の転職市場にあっても、自分の求めた通りに転職を成功させている人がいるのも事実です。30代で転職を考えた場合、多くの求職者が、最後の転職にしたい、定年までの仕事を求めるようになると思います。自分の求める転職先を、30代で転職を考えたのなら、納得できるまで探すことが重要だといえるでしょう。40代、50代での転職は、30代での転職に失敗してしまった場合だんだんと難しいものになってしまうでしょう。転職を納得行くまでしっかりと考えてから決めたのであるのならば、たとえ辛いことがあっても負けることなく仕事ができるのではないでしょうか。きちんと考えた上で転職せずに仕事を続けるのも、30代での転職に躊躇するのであれば、選択の一つだといえるでしょう。もしかしたら転職の必要を感じなくなることもあるかもしれません。今の仕事に夢中で取り組むことで、今まで見えなかった部分が見えてくることもあるからです。現状の不満から短絡的に転職を希望するのではない、高い志を持って転職活動をするという決断が、30代の転職には必要だと言えます。
nice!(1) 
共通テーマ:求人・転職

転職と退職 [転職活動]

転職をするということは前職を退職しなければいけないということになりますよね。転職の際に転職活動以外に大変なことというのは、退職の問題があると思います。今の会社を退職するにあたってはいろいろと苦労があると思います。退職届一枚ですぐに退職ということにはつながらないと思いますしそれでは社会人として今までお世話になった会社へ失礼に当たりますしマナー違反ではないでしょうか。きちんと前の会社でも円満退職をしてから転職をすることがポイントになります。転職先が決まって退職をする場合の退職届を出すことについてですが、自分の仕事のキリがいいところで、他に働いている人に迷惑がかからないようなタイミングや時期を見計らって退職希望をしましょう。大きなプロジェクトなどを抱えているときなどにやめることは許されませんからそれが落ち着くころを見計らって退職希望日を考えた方がいいでしょう。とにかくまだ働いているみんなのことを考えて退職しましょう。退職希望日が決まれば上司に転職の相談をします。退職届を突然出されるとかんじがわるいですからまずは直属の上司に相談をすることから始めましょう。そして仕事の引き継ぎや都合なども相談をして、最終的に退職する日を決めます。そして退職する日が決まってから退職届を提出します。最低でも転職する1か月前には退職届を出す必要があります。会社の就業規則によってはそれ以上それ以下の場合もありますから確認しておきましょう。
もしも退職の理由を聞かれた場合には、きちんと信頼関係のできている上司との間であれば転職することを正直に話してもいいと思いますが、信頼関係がしっかりと構築できていない関係の場合には、正直に転職のことは話さずに包んで話をする方がいいかもしれませんね。間違っても会社の悪口や不満、上司や同僚への不満などをいってやめることがないように注意しなければいけません。そんなことになれば円満退職できません。家庭の事情ややりたいことがあるからといった自分の事情で転職するということをいうのが一番円満に退職できるのではないでしょうか。そして転職先もすでに決まっているということを上司に話せ場きっと納得して退職を反対したりトラブルにはなりにくいのではないかと思いますね。円満退職を心がけてみんなが気持よく仕事ができるようにするために転職までに色々と段取りをしておく必要があるのではないでしょうか。なかなか転職の退職というのは難しいものです。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

外資系企業の転職で必要な英語力 [転職活動]

自分の語学力でどのていど通じるのか、果たして外資系企業で仕事をすることが可能なのかが引っかかる人はいると思います。実際に外資系企業の求人にはTOEICが700点以上を条件にしている外資系企業も少なくありません。でも実際には英語力がそれほど必要ではない仕事もたくさんあるようです。仕事がきちんとできる人であるなら、語学力などより優先して評価されるという点は、外資系でも他の会社でも変わりません。外資系の会社に転職ほ希望する時、絶対に英語が話せなくてはならないということはないのです。英語に自信がない人の中は、書類関係がほとんど英語なのではないかと恐れているかもしれません。英語はないわけではありませんが、符号の一種と思えば処理できるくらいのものです。さほど難しくないということが、じきにわかるでしょう。では、実際外資系企業の社員の英語力というのはどの程度のものなのでしょうか。帰国子女や留学経験者は別としても英語ができるといっても、TOEICは800点程度なのです。英語力を鍛えることは、外資系への採用が決まってから取り組むこともできるのです。まだ若ければ、これから英語を学ぶ意志があればまだ語学力が不十分でも大丈夫です。語学の勉強は、実際に外資系会社で働きながら続けていっても間に合うでしょう。ですが、英語力が低いままでは、外資系企業での仕事では不利に働く面も出てくることもあるでしょう。海外出張をするにも外部との打ち合わせをするにも語学堪能であることは重要ですし、評価や昇進にも響きます。余裕のあるうちにコツコツと英語を勉強し、語学力の底上げをはかっていくことが、外資系企業への就職を目論んでいる人には必要なことといえます。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職先での人間関係 [転職活動]

仕事では、トシの差は割り切って対処しよう
成果主義や実力主義が世間に浸透するにつれて、役員も年齢や性別に関係することなく能力次第で決まるようになってきています。
今後は、転職先した場合、自分より年下の上司がいたり、その逆に自分より年上の社員を部下として配属されるといったことが当たり前になっていくでしょう。
ベンチャー企業では、創業時のメンバーとして自分より年下の人が経営陣の一角を担っているということは多々あります。
年齢差を意識し過ぎては、相手とギクシャクしてしまいます。
そうならないようにするには、仕事上の関係だけの上司と部下ということだけを考えることです。
しかしそうすると、今度は上下関係ばかりを意識しすぎて、妙に卑屈になってしまうこともあるかもしれませんが・・・。

早く仲良くなりたいという気持ちは同僚も同じ
新入社員を迎える側の同僚は、新入社員のために緊張をほぐし、解けやすい環境を作りたいと思っています。
しかしながら、思いとは裏腹に、仕事の打ち合わせなどきかっけがないと、なかなか声をかけられないということになりがちです。
そんな状況下で、与えられた仕事にひたすら没頭してしまうなどして近寄りがたいオーラを出しているとますます声をかけてくれないです。
そうなってしまうと、周りの誰もが自分に気をかけてくれないなどと、被害妄想が膨らみ疎外感に陥ってしまうことになるでしょう。
そういった状態も、通常は入社して3日経てば解消されるのですが、1日でも早く同僚とうち解けたいと思うなら、昼休みなど同僚たちが食事に出かける時や、仕事を終えて退社するときに、「ご一緒してもいいですか」などと自分から声をかけてみるとよいでしょう。
同じ会社で働くことになった以上、入社したその日から同僚達も仲間という意識があるのですから、断ってくることはないはずです。
昼食を食べながら家族のことまたは、趣味など会話に交わることで、すぐに受け入れてもらえるようなるでしょう。

nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職の面接で「退職理由」を聞かれたら [転職活動]

はじめて転職する上で、面接を全く緊張することなくこなせる人はなかなかいないと思います。
緊張している上に答えを返しにくい質問をされたら……。
「本音を話すことで評価を下げるかもしれない。だからといって嘘をついてはいけないし……」と、頭の中で色々なことがめぐり、しどろもどろな返答になってしまう事がありがちです。
とっさに出た返答によっては、面接担当者達の心証を損なう恐れもあります。
「聞かれては困る」と思う質問をあらかじめ考えておき、返答の練習をしておきましょう。
面接で必ず聞かれるといっていいほどの質問は、「どうして前の会社を辞めた(辞めようと思っている)のですか?」ということです。
これについて対策を考えてみます。
企業が面接で「退職理由」を聞く理由とは?
まずは、なぜ面接担当者が「どうして前の会社を辞めたのか(辞めたいのか)のですか?」をたずねるのかを理解しておきましょう。
その理由は……
●また、前の会社と同じ理由で辞めてしまうことはならないだろうか?
●退職のきっかけになった不満を、自社によって解消をしてあげることはできるのか?(うちに入社することによって、この人は幸せになれるのだろうか)
……といったことを確かめるための質問です。
退社の理由を例えると、応募者が「残業が多く、自分の体力がもたない」と語ったとします。
もし面接を受けに行った会社も残業が多ければ、「この人は、うちの会社に来るべきではない」と判断するのが当然ですよね。
この例は、分かりやすいですが、微妙な例えとして、「前の会社では人間関係がうまくいかなかった」という理由の時です。
確かに、人間関係での悩みは、転職することによって環境が変わり解消することができるように思えます。
この理由が転職理由として最も多いのですが、簡単に口にしない方が無難です。
人事担当者が「うちの会社は、アットホームでみんなとても仲がいいから大丈夫だよ」なんて親交的な反応をしてくれる人であればいいのですが、そうそういきません。
ほとんどの人事担当者は、実際にはこう思うでしょう。
「人間関係の悩みは、どこの職場でも絶対にあるはず。この人は、人間関係がうまくいかないとすぐに逃げ出してしまう人なのだろうか」
……あまりいい印象をあたえないです。
「本当に人間関係が原因であり、それ以外の原因が見当たらないし…」と思うかもしれませんが、少し応答の表現を変えることにより、同じ内容を話していても、印象を変えることができます。


nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

ヘッドハンティングでの転職 [転職活動]

皆さんは、ヘッドハンティングされた経験をお持ちですか?
求人媒体では最近、スカウトメールと言うのが流行しているため、ヘッドハンティングまでとはいかなくても、自分にあった求人についての連絡がきた事のある方が多いのではないでしょうか。
一方で、ヘッドハンターから本当にアプローチ来て、うちの会社に来ないかと口説かれた経験がある人は、案外少ないと思います。
ヘッドハンティングをされる人とは、どのような人なのでしょう。

どんな人がヘッドハンターは目をつけるのか
多くの会社からうちにこないかと声がかかる人の特徴は何か?
多くの会社からスカウトさせる市場価値の高い人材には特徴があります。
詳しく見ていきましょう。
■企業の求人倍率が高く、希少性の高い職種についている人
どんな職種かと言うと、システムエンジニアや経理または、財務、法務、人事などの専門職をしている方が該当します。
人材の人数が少なく、売り手の個人がやや強い立場であるといえる職種です。
■同じ年齢のなかでパフォーマンスレベルの高い人
例えば、年齢が28歳だとした場合、同じ28歳でも、実績はかなりの差があるものです。
他の人よりも実績が明らかに秀でている人は噂も広まりやすく、声がかかりやすくなるものです。
■情報を発信している人
意外なことかもしれませんが、ビジネス雑誌で登場している人。
そういう人はスカウトの電話がどんどんくる可能性が高いのです。
また、近年ではブログによって有益な情報を発信している人にスカウトがかかる場合も増加しています。
情報を発信している事はひとつの重要な要素であるといえるでしょう。


nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職回数での会社の判断 [転職活動]

やはり、転職した回数は少ないほうがいいのでしょうか。
必ずしもそうとは限りません。
新興系の成長企業では、転職の基準が比較的ゆるやかで、それほど気にされることはありません。
転職をした回数よりも、その人の成果や実績、ポテンシャル等をみる場合が多いようです。
職種によっても違いますが、IT系、特にSEの方においては、現在需要(企業側)が大変に高く、それでいながら、供給(転職者)は少ないので、多少のことがたっても目をつぶって採用されるケースが多いように感じます。
年齢が40代以降でならば5年おきに1社ずつ転職とういことでならば、多いと判断はされないように感じますが、20代であればやはりネックになる可能性は大と思われます。

転職回数4回あればもはや致命傷!?
では、もし現在あなたが、4回以上転職をしていたのなら、どうすればよいのでしょう。
面接担当者の考えとしては、少なくとも自社で三年程度は勤務をするだろうかという心配が出てくるはずです。
その場合には、転職理由がある程度もっともな理由であったり、貢献できる仕事の技量が能力面で十分なアピールが行なえることで転職回数の非を回避する事ができるかもしれません。
最悪、退職することになっても、年単位でしっかり働き、その間は十分に仕事に貢献できる事をアピールすることで納得してもらえるのです。
特に人事部の入社を希望する場合は、成功する人事の発掘できる技量があるかをその場で判断するのは、大変難しくなります。
なので、早期の退社などを減点対象とする仕事では、目立ちやすいということもあり、どうしても、リスク回避型の考えにならざるを得ません。
従って、「自分を採用することでのメリットと、安全性(今回の転職では、長期でしっかり働くという決意をしている旨」を十分に伝えることが必要になると思います。
人間というのは、そもそもが「一貫性」のある人を重視する傾向にあるのもその要素のひとつかもしれません。
ですので、転職する時に限りますが、業界も職種も変更する場合は、十分に考えて結論を出すのが必要かと思われます。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

はじめての転職活動 [転職活動]

「仕事はさほど楽しくはないけれど、給与が上がる」「給与は下がるけど、仕事は楽しい」……さて、あなたが転職するとしたら、どちらを選ぼうと思いますか?
近年は、給与・待遇面以外の要素を重視し、転職する人が増加しています。
以前は、企業規模などで安定性や将来性を判断することができ、長く勤めていけば収入も右肩上がりで増加していきました。
しかし、現在は大手企業に勤めているからといって安心することはできません。
また、同じ会社に在籍し続けても、成果主義の評価制度に変わってきたため、収入格差が生まれてしまう時代です。
そんな環境の中で、人が企業を選ぶ基準が多様になってきているようです。
自分自身にとっては、仕事で収入面以外で得られる「幸せ」や「満足」とは何か。
それぞれの指標をもとに探ることにしましょう。
自分は仕事で「どんなことで満足を感じることが出来るのか」を探ります。
「勝ち組」や「負け組」なんて言われていますが、高収入やステイタスを得ている人が必ずしも「勝ち」なわけではないはずです。
人生を楽しく過ごせている人こそ、本当の意味で「勝ち組」であるといえるのではないでしょうか。
転職を考えるのは、会社に何らかの「不満」がある場合がほとんどです。
だからといって、「今の状況からとにかく逃げたい」からといって次の転職先を探してみても、自分が満足する転職につながりにくいようです。
これまで自分が経験してきた仕事で「どんな所が楽しいと感じたか」を思い出し、自分の目の前の仕事を「どう変えれば自分は幸せになれるのか」を考えてみてはどうでしょうか。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職での失敗 [転職活動]

今、働いている会社を退社して新しい会社に就職する、あるいは新しい仕事を始めてみる----。
転職の理由としては、会社の経営方針や給与の額などの勤務条件からくる不満という人は少なくありませんが、それと割合が同じくらいで多いのが、「仕事にやりがいを持てない」や「自分の能力を十分に発揮できない」、「自分の適性や専門性を生かせない」など、仕事と自分の能力や適性や志向との相違間です。
どのような理由であっても、新しい会社で勤務し、新しい仕事に就くことにより、それまでの自分の不満足だった部分が解消されればいいのですが、現実では、再就職を果たしたが、転職先で前の会社同様な悩みを抱き、また同じ理由によって転職してしまう人は少なくありません。
このような失敗の理由の1つには、転職先の仕事や会社に関する情報収集や研究が不足していたためです。
会社の経営方針や給与体系などは、求人情報やインターネットホームページ上の会社案内などから比較的簡単に情報を入手することができますし、分からない点は面接時に確認することもできます。
しかしなから、なまじ社会経験があるために、自分の持っている知識やイメージが先行してしまい、せっかくある情報を生かすことができないまま、転職先を選んでしてしまっているのではないでしょうか。
転職を失敗するもう1つの理由は、自分自身の分析で自分自身を見つめ直すことをしていないことが挙げられます。
仕事とは、自分にとって何なのか。
自分にはどのような能力がどのくらい備わっているのか。
自分はどのような働き方をしたいと思っているのか。
将来的に自分はどうありたいと思うのかなど、自分と仕事との関わりについて、はっきりと指針を持つことができれば、自分のある能力とかけ離れた仕事を目指してしまったり、志向が合わない仕事に就いてしまったりすることはないはずです。
nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職フェア [転職活動]

転職フェアでのメリットとは、たくさんの企業担当者と会い、たくさんの話を聞くことができるだけではありません。
●書類上では、ハンデがある人でも「人物」をアピールできる機会である
自分が希望している企業で求めている条件に対し、自分は「経験年数が浅い」や「技術が未熟」、「分野が異なる」など、書類選考では通過するのが難しい人の場合、企業担当者に直接会える転職フェアは、自分の「人物面」をアピールする機会にもなりえるのです。
経験や技術よりも「人当たりの良さ」や「誠実さ」、「素直さ」、「コミュニケーション力」があるなどを重視する企業もたくさんあります。
転職フェアで行われる面談は「面接」や「選考」というわけではありませんが、この機会でいい印象を残すことができれば、後日その会社に応募した際、書類選考の通過する確率が高まるかもしれません。

キャリアカウンセリングを受講できたり、転職ノウハウを教えてくれるコーナーもあります
転職フェアの会場には、求人企業のブースの他にも、キャリアコンサルタントなどに相談することのできるコーナーが設置させていることもあります。
職務経歴書の書き方」や「面接対策」などの転職に関するノウハウを学ぶこともできます。
フェアに行ったら、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

●来場者たちの姿を見て刺激を受けて、「仲間」を作ることができる
当然のことなのですが、転職フェアに訪れるのは、求人企業だけでなく、転職を考えているたくさんの人も集まります。
キャリアアップをしたいのだけど、新しいことへ挑戦したいのに、どうも自分の意思が弱くて行動へと移すことができない。
しかしこんな自分をどうしても変えたい……などの考えをもっている人は、フェアに来ている他の来場者たちの姿を見て刺激を受け、モチベーションが上がるのではないでしょうか。
企業ブースで順番待ちの時や休憩コーナーなどで他の来場者達に声をかけて「転職活動仲間」を作ることができるはずです。



nice!(0) 
共通テーマ:求人・転職
転職活動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。